ゲストさん(ログイン)

露天 混浴 湯治。温泉巡りのお共に、温泉ジャパン

温泉JAPAN

ページの先頭へ

温泉JAPANは現在、諸般の事情により更新を停止させて頂いております。記載に不備があった場合は、お手数をおかけ致しますがお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

温泉JAPAN TOPたかちの湯巡り、日本一周【番外編】夏の空気をいっぱい吸った、世界遺産・日光東照宮ギャラリー

たかちの湯巡り、日本一周 ~温泉女子には旅させよ~

【番外編】夏の空気をいっぱい吸った、世界遺産・日光東照宮ギャラリー

【番外編】夏の空気をいっぱい吸った、世界遺産・日光東照宮ギャラリー

2013.07.25 たかちたかち

日記

たかちです。日光東照宮に行ってきました!
日光といえば...というほど、超有名な神社ですよね。私個人としては小学校の遠足以来の参拝です。
1998年、東照宮を含む「日光の社寺」は世界遺産に登録されました。青色看板にも「東照宮」ではなく「日光の社寺」と書かれているんですよ。
108棟にもなる世界遺産の建造物群は、東国の日本人にとっては心のふるさと。西の京都には見られない、徳川の堂々たる気骨を象徴しています。
首都圏からもアクセスが良いため、神奈川・東京・埼玉・千葉ナンバーで駐車場がいっぱい。
7月初旬の平日朝一番、日光のお写真を撮って来ました。

東照宮!

まずは東照宮へ。

巫女さん

参拝は朝8時から。一番に行くとさすがに人がいなくて清々しいですね。巫女さんがお掃除していました。

巡ります

世界遺産に登録されている「日光東照宮」「二荒山神社」「輪王寺」を巡れるチケット。1000円ってけっこう安いかも。

五重塔

五重塔がお出迎えしてくださいます。

夏

美しい...

これがかの有名な

まずは神厩舎。馬を置いておくための場所です。もう既に見えてますが(笑)、ここにはかの有名なアレが。

みざるきかざるいわざる

見ざる言わざる聞かざる。小学校のときも「ずいぶん小さいんだなあ」と思いましたが、20歳になってもやっぱり「ずいぶん小さいんだなあ」という感想でした。
8枚にもなる猿の木彫りは人の平和の一生を表しているそうで、これは「幼少期には悪事を見ない、言わない、聞かない方が良い」という教えなんだとか。

すごくかわいい 

これは「母猿は小猿の幸せを願う」という意味だそう。表情が豊かでとても可愛らしいです。 

集合写真...!

早朝からせっせと集合写真の準備をしていました。小学生の修学旅行は朝が早い...!一般客に邪魔にならないようにこの時間を狙うのですね。
修学旅行の時に「朝はや過ぎ!」なんて思わなかったけどなあ。先生たち大変だなあ。 

東照宮

いざ本殿へ。

陽明門?

陽明門は日本で最も美しい門とされているそう。東照宮のほとんどが1636年に建てられてからずっと鎮座しっぱなしなんだと...。素晴らしい...。

工事中

こういう色んな人の努力によって保たれているわけですねえ。

どーん

裏側もスゴいです。

唐門

唐門。この奥に家康公が鎮座しています。

徳川家の威厳がすごい

徳川の家門がずらりずらり。

眠り猫はむこうがわ

眠り猫はなぜか別料金...。

鳴龍

「鳴龍」。天井に描かれた大きな龍の顔の下で拍子木を叩くと、響いて龍が鳴いているように感じられるのです。
素敵なお兄さんの説明が素敵でした。(笑)顔の下以外で叩いても響かないのに顔の下だと響くんですよね...。不思議。 

子供達がわらわらと

わあ、小学生たちが。

うわあすごいまぶしい

小学生の大群です。キャラクターモノの水筒持ちながら汗だくになりながら「あついーあついー」って言ってる小学生を見て、なんだか和みました。
10年経っても小学生は小学生だな...私と変わらないんだな00年代生まれの小学生も...。

夏

二荒山神社へ向かいます。

神社

境内が大変広く、3400haにも及ぶそうです。華厳の滝もいろは坂も二荒山神社に含まれるというから驚き!
東照宮のようなきらびやかさはないものの、朱色の美しいシンプルで洗練された社殿でした。 

ハート...

なんか多分、ラブにまつわるところなんだと思います。いっぱいこれが植えてありました。 

夫婦杉

夫婦杉。

親子杉

親子杉。子供の成長が途中でとまっているのが心配です。

どーん

最後に家光公が祀られている輪王寺へ。

でた工事中

向こう5年、日光は平成の大修理に追われています。訪れる際はご注意を。

工事中

ふもとにある三仏堂もこんな状態でした。

夏

御本殿は見られるそうなので行ってみました。

美しい!

真夏の緑に1本の朱色。美しすぎるよ日光。

袴殿

両サイドにある「袴殿」がとってもカッコいいです。

家光公

ひとつひとつの装飾に心を奪われていたら、本当に何日かかるか検討が尽きません。
もっとゆっくり、できれば紅葉シーズンに訪れたいなあ。 

緑に覆われて

子供たちのざわめきを遠くに聞きながら、次の温泉へ向かうのでした。

 

facebookで情報を受け取る

温泉JAPANの記事や温泉に関する情報を毎日発信するもん!

ゆきち

ゆきち

twitterで情報を受け取る

温泉に関することならなんでもつぶやくもん!
温泉JAPANに関する質問等も受け付けているもん。

ゆきち

RSSで記事を読む

温泉JAPANの記事をRSSで読むと便利だもん。毎日更新されるもん!

RSSフィードを登録する