ゲストさん(ログイン)

露天 混浴 湯治。温泉巡りのお共に、温泉ジャパン

温泉JAPAN

ページの先頭へ

温泉JAPANは現在、諸般の事情により更新を停止させて頂いております。記載に不備があった場合は、お手数をおかけ致しますがお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

温泉JAPAN TOPたかちの湯巡り、日本一周甲府を一望、夜には夜景&星空も!関東屈指の人気施設「ほったらかし温泉」

たかちの湯巡り、日本一周 ~温泉女子には旅させよ~

甲府を一望、夜には夜景&星空も!関東屈指の人気施設「ほったらかし温泉」

甲府を一望、夜には夜景&星空も!関東屈指の人気施設「ほったらかし温泉」

山梨県

たかちです。
関東圏からの日帰りで人気温泉施設といえば山梨のほったらかし温泉!
各メディアにも取り上げられているので、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
 
山梨といえば指折りのフルーツ王国でもありますよね。
トマト狩りやぶどう狩り、さくらんぼ狩りとバラエティに富んだ「フルーツ公園」の坂道をぐんぐん走らせていくと、ほったらかし温泉の看板広告がちらほらと見えてきます。
頂上まであがっていく途中、どんどん小さくなっていく甲府の街並にわくわくが抑えられません...!
フルーツ畑が姿を消し、本格的に山道になっていきさらに数キロ、ようやく「ほったらかし温泉」に辿り着きます。
 

首都圏から日帰りで絶景露天を満喫!日の出も夜景も味わえる超人気温泉

 
ほったらかし温泉
 
砂利敷き、線引きなどもされていない雑然とした駐車場。約280台をも収容できるそうで、お客様の入りが多いことが伺えますね...
頂上は全て敷地内らしく広々としています。温泉以外にも地産のフルーツやお野菜の販売所、小さな軽食などがいただける建物などがいくつかありました。
それらを横目に歩みを進めると、一番奥にだだっ広いログハウス調の休憩処、その左手に温泉がようやく見えてきます。
 
亀!
 
こんなところになぜこんなものが、と言いたくなるようなダイナミックな木彫りの亀オブジェ。
乾燥した材質が、荒波や亀の伸びた首筋を忠実に表現しています。寄贈品でしょうか...?
 
あっちの湯とこっちの湯
 
ほったらかし温泉には「あっちの湯」と「こっちの湯」という2種類の温泉があります。
「こっちの湯」が元からある方で、設備は古いながらも正面に富士山が見える景観はやっぱり最高!根強い人気があるそう。
「あっちの湯」は「こっちの湯」の2倍の大きさ!青々とした山、甲府の街並、新しいため使い勝手も良く圧倒的人気を博しています。
 
あっちの湯へ
 
さらに「あっちの湯」は日の出1時間前から開いており、ご来光を温泉に浸かりながら...なんて楽しみ方もできちゃうみたいです。
「こっちの湯」は昼前頃に開くので、私が訪れた10時前後は「あっちの湯」しかやっていませんでした。
というわけで、あっちの湯へ。
 
外観
 
日帰り料金は700円。人気とは裏腹にツギハギ、手作り感の溢れる外観でした。
「ほったらかし」という名は、その名の通り温泉を発見した方が「ほったらかしとくから適当に楽しんでください!」と言っていたため名付けられたそうです。
今となっては整備がされて全くほったらかされてないわけですが(笑)、ある程度の手抜き感が好感持てます。
 
内装
 
休憩処というのは別棟になるので、施設は浴室のみとなっています。
間違えてしまいそうな男湯と女湯の入り口。むしろすっごいお金かけてしっかり整備して、ほったらかし温泉、なんて名乗れないからこんな感じなのかとも思えてきます。
 
脱衣所
 
脱衣所にはずらーっと並ぶカゴとコインロッカー。隅々まで清潔であり、スタッフさんがきちんと手入れをしてくださっていることが伺えます。
梅雨の合間の晴れの日、平日午前中に訪れてもけっこうなお客様の入りかと思いましたが...予想に反して3,4名いる程度でした。
しかしこれから富士山が世界遺産になったり夏休みになったりして、混雑が予想されますねえ。とってもラッキーでした。
 
洗い場
 
20-30名ほどに対応している大きな洗い場。岩張りで備品も揃っており、清潔感があって好感が持てます。
 
内風呂
 
露天風呂がメインですが内風呂もあります。外に向かって全面ガラス張りなので、もし訪れた際雨に見舞われてしまっても一応大丈夫!
泉質は「単純温泉」で、あっちの湯とこっちの湯で源泉が異なります。
あっちの湯は平成17年に発見された新しいもの。pH値10.1の高アルカリ性で、循環&消毒&加温を施しておりヌメリは感じられませんが、つるるとしたやわらかなお湯でした。
こっちの湯は元々あった源泉で、源泉32℃、pH値9.6のお湯です。お肌にやさしく低刺激なのが特徴ですね。
どちらも加温&循環&消毒済みのお湯。特筆するほど特徴のあるお湯ではありませんが...
こちらのウリは泉質云々よりも圧倒的景観!梅雨の6月、雨が降らずに本当に良かった。
 
開放感...
 
どーん!こちらが露天風呂。プールのように横に長い木造りの湯船が、甲府の街を見下ろすように建てられています。
豊かな大自然に抱かれながらの街鑑賞、最高すぎる...!屋根も一切被さっていないので、夜は星空も夜景も期待大ですね〜。
 
絶景!
 
石の階段を降りていくともっと大きな巨岩造りの湯船がありました。
少し目線は下になってしまいますが、開放感は抜群!浅めなのでお子様連れでもわいわい楽しめると思います。
 
絶景。
 
施設から見える絶景に、思わず息をのんでしまう程でした。
私が今までご紹介してきた「温泉」というよりは、非常にエンターテイメント性に優れたアミューズメント施設、という感じ。
初日の出とかぜひここで拝んでみたいなあ。
 
さて、山梨県は次回が最後!富士山にぐぐっと近付きます。
たかちでした。

 

 

 

 

この記事で使用しているカメラはこちら<FUJIFILM デジタルカメラ XP60Y 光学5倍 イエロー F FX-XP60Y>

 

施設名 ほったらかし温泉
創業 平成11年
所在地 山梨県山梨市矢坪1669-18
料金 大人 700円 子供 400円
平日用回数券(10枚)6000円有り
泉質 単純温泉
PH値 10.1
営業期間 通年
入浴時間 日の出1時間前~22時
定休日 年中無休
TEL 0553-23-1526
駐車場 あり
HP 公式ホームページ

facebookで情報を受け取る

温泉JAPANの記事や温泉に関する情報を毎日発信するもん!

ゆきち

ゆきち

twitterで情報を受け取る

温泉に関することならなんでもつぶやくもん!
温泉JAPANに関する質問等も受け付けているもん。

ゆきち

RSSで記事を読む

温泉JAPANの記事をRSSで読むと便利だもん。毎日更新されるもん!

RSSフィードを登録する