ゲストさん(ログイン)

露天 混浴 湯治。温泉巡りのお共に、温泉ジャパン

温泉JAPAN

ページの先頭へ

温泉JAPANは現在、諸般の事情により更新を停止させて頂いております。記載に不備があった場合は、お手数をおかけ致しますがお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

温泉JAPAN TOPたかちの湯巡り、日本一周屋久島で出会った温泉レポ!「湯泊温泉」「海中温泉」「尾之間温泉」

たかちの湯巡り、日本一周 ~温泉女子には旅させよ~

屋久島で出会った温泉レポ!「湯泊温泉」「海中温泉」「尾之間温泉」

屋久島で出会った温泉レポ!「湯泊温泉」「海中温泉」「尾之間温泉」

鹿児島県

たかちです。
日帰り弾丸屋久島旅で、3カ所の温泉に立ち寄りました。
そのうち入浴したのは1カ所だけですが、どこも個性豊かでとても面白かったので3つ全てご紹介します。
「屋久島にも面白い温泉あるから行ってきなよ〜」と九州で出会った人に口々に言われたのですが、まさにその通り。
そういう面白さだったのか...と...。(笑)

突っ込みどころ満載な「湯泊温泉」 

湯泊温泉

まず最初に訪れたのは「湯泊温泉」。
手前にはロッジ風の建物があったので、ここなのかな...?と思っていましたが、矢印は海を指していました。
24時間開放露天風呂、と説明書きにありましたが...?

うわあ...

うわあ。絶対ここだあ。入湯費は100円(協力金)です。

男→

こっちが男、

女

こっちが女、

男側

そしてこれが男側の湯船。

女側

そしてこれが女側の湯船。

ちょっとまて

「混浴にしちゃえばいいじゃん」って、人生で二度と使わない台詞だと思います。
ほのかに硫黄臭のする心地良さそうなぬる湯でした。さすがに入れないので、友人としばらく爆笑してから次の温泉へ向かいます。

干潮時だけしか入れない名物温泉!「海中温泉」

 

遠目から見てみる

続いて向かったのは、満潮時には海に隠れてしまうので、干潮時のみ入浴できるという「海中温泉」。
屋久島の名物スポットでもあります。観光案内所で干潮の時間帯を教えてもらうと良し。

近付かない方がよさそう

しかしまあ、ファミリーやらおっさんやらが裸でわらわらしてました。
「野性...!?」とつっこまずにはいられず、私と友人は遠くから見つめるだけになりました。
いやーやっぱり、普通の温泉に行こう。女湯と男湯が分かれてて、屋根があって、受付でお金払うところ。
(きっと家族で来たら安心で楽しいんでしょうけど...この日雨だったけど気にしないのかな...)

屋久島の共同浴場「尾之間温泉」

尾之間温泉

というわけで、屋久島の共同浴場「尾之間温泉」(おのあいだおんせん)にやってきました。
入湯料は200円!備品は一切置いてないので、持参するか買うかする必要があります。

内装

中はログハウス風。大型テレビでは「踊る!さんま御殿」が放送されており、受付のおばちゃんが気だるそうに見ていました。

湯船

泉質は「単純硫黄泉」。浴室は甘い硫黄の匂いでいっぱいです。
約50℃の源泉は浴室の底から湧いているそうで、たっぷりオーバーフロー、源泉かけ流し。 なのでかなり熱いのですが、地元の方は気持ち良さそうに湯浴みしていました。
湯船のふちに座って直接お湯を汲むスタイル、共同浴場感たっぷりで大好きです。
とろみがあって肌に馴染みやすく、美肌効果ばっちり。登山疲れにはもってこいの良泉質、落ち着いた雰囲気でした。

壁絵

 壁絵が可愛らしかったのが印象的でした。

温泉レポートも南頭打ち。これから北を目指します

佐多岬でタッチ!と思ったのですが、思いがけず屋久島でタッチ!となりました。
予定的にはまだ1/3を過ぎたところですが、南頭打ち、ということで、これから北を目指します。
旅の最南温泉はなんだか衝撃的でした...! 宗谷岬あたりに温泉ってあるのかな。

屋久島より、たかちでした。

施設名 湯泊温泉
所在地 鹿児島県湯泊
料金 大人 100円 子供 無料
協力金として一応100円です。ちなみに島民だと無料です。
泉質 硫黄泉
営業期間 通年
入浴時間 24時間
定休日 年中無休
駐車場 あり

facebookで情報を受け取る

温泉JAPANの記事や温泉に関する情報を毎日発信するもん!

ゆきち

ゆきち

twitterで情報を受け取る

温泉に関することならなんでもつぶやくもん!
温泉JAPANに関する質問等も受け付けているもん。

ゆきち

RSSで記事を読む

温泉JAPANの記事をRSSで読むと便利だもん。毎日更新されるもん!

RSSフィードを登録する