ゲストさん(ログイン)

露天 混浴 湯治。温泉巡りのお共に、温泉ジャパン

温泉JAPAN

ページの先頭へ

温泉JAPANは現在、諸般の事情により更新を停止させて頂いております。記載に不備があった場合は、お手数をおかけ致しますがお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

温泉JAPAN TOP中国・四国島根県浜田・江津・大田千原温泉 基本情報

外来可地球が足元からくすぐっている

ちはらおんせん

千原温泉 入浴済みにする

島根県邑智郡美郷町千原1070

4点(採点:2人)

千原温泉 |  | 温泉JAPAN

この施設の詳細を見る

温泉情報を編集

千原温泉

注目ポイント

  • 掛流し
  • 露天
  • 混浴
  • 貸切
  • 川辺
  • 海辺
  • 山奥
  • タオル
  • シャンプー
  • ドライヤー
  • 駐車場
  • 宿泊
  • 休憩
  • 食事

底板の間から湧き出る源泉に直接入ることのできる、全国的にも 珍しい温泉です。最近は「足元湧出源泉」という呼び方で高い評価を いただけるようになりました。
黄褐色に濁った浴槽の中に入るのは、ちょっと勇気がいりますが、 入ってしばらくつかっていると、温泉の力のようなものを全身で 感じ取れると思います。
 炭酸ガスの泡が足元からポコッポコッ。大きい泡、小さい泡、一つ ひとつの泡の音にも個性を感じるほど。足元から体をくすぐりながら 立ちのぼる泡に。目を閉じていると、なんだか不思議な気分に。
 ぬるめなのに、濃厚な成分とバブ効果のおかげで、体全体をふんわり 温めてくれます。10月から6月までは、源泉をそのまま薪で湧かした 五右衛門風呂の上がり湯でしっかりぬくもりましょう。

ぬるめの温泉で濃い成分のため、入湯時はトイレが近くなることが あります。入湯前にお手洗いをお済ませください。
 入湯時間は30分から1時間くらい。あとから入られるお客様のため にも、この時間を守っていただくと助かります。
 入湯の料金は1回分ですので、2回以上入られる方は「部屋休憩」を ご利用ください。
 「五右衛門風呂の上がり湯」は、あくまで上がる際に温まるための ものですので、上がり湯に入ったあとに源泉に入ることはお断りして います。
 また、この上がり湯は、昔から薪を焚いて沸かしています。かけ湯は なさらないでください。
 いろいろとご不便をおかけすると思いますが、湯治場本来の姿で皆様の お役に立ちたいと考えてのことです。ご協力に感謝いたします。


泉質:含二酸化炭素ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉

この温泉の記事

千原温泉の温泉記事はまだ投稿されていないんだもん!
温泉ライターになって、温泉記事を書いてほしいんだもん!

応募はこちらから

最新のギャラリー写真を投稿

最新のクチコミ情報クチコミを投稿

源泉アロマ姫

源泉アロマ姫

雰囲気

泉質

料金

設備

3.5

2011.08.24

入浴時間60分の制限あり

足元自噴の温泉の小さな浴槽の温泉です。侘びさび系です。
近くに源泉を汲む場所があります。
入浴時間を60分と制限されますが
常連さんは気にせず長く入っておられるようですが
土日は注意があるそうです。

きりしま

きりしま

雰囲気

泉質

料金

設備

4

2010.10.30

泉質が特徴的

温泉好き向け?の温泉。
湯船の底から気泡と共に、ポコポコとお湯が沸いてくる様は壮観です。その音を聞きながら少しぬる目のお湯に浸かっていると、おもわずウトウトとしてきます。
広くもなく、そう新しい温泉施設でもありませんが、それもこの温泉の風格と感じさせます。

クチコミを投稿する *= 記入必須項目

クチコミの投稿にはログインが必要です。
ログイン

温泉情報詳細

所在地 島根県邑智郡美郷町千原1070
料金 大人 500円 子供 300円
部屋休憩(5時間内)1200円/人
泉質 二酸化炭素泉   
泉温 湯船:普通
源泉:34.5度
営業期間 通年
入浴時間 8:00~18:00
定休日 無休
TEL 0855-76-0334
HP http://www.chihara-onsen.jp/

アクセス方法

*広島方面から
国道54号線「道の駅赤来高原」より300メートル松江側より左折し、すぐの角を右折、県道166号線(美郷町方面)に入る。さらにおよそ15分で「千原八幡宮」先の橋を渡って右に入ると、山道を4キロです。 看板がありますので、見落とさないように。
 
*出雲・松江方面から
いろいろなルートがありますが、広島同様に飯南町からの道が来やすいです。裏ルートとしては、掛合町から東三瓶に抜け、上山(うやま)地区から下る 道もあります。ただし、狭い山道の連続ですが。

*大田市方面から
国道365号線・美郷町粕淵よりバイパスに入り、浜原トンネルを抜けすぐ左折。 また、県道166号・3キロで花田商店前四つ角を左へ、そこから4キロ。
(三瓶山麓・西の原を横切って、志学の町から上山経由が近いかも)

*浜田方面から
川本町までは国道261号で、そこから県道川本・波多線で美郷町へ。
あとは、大田市方面ルートと合流します。

*最後に
県道から分かれて1キロちょっと進むと、上と下の道に分かれます。
必ず下側(すぐ先に家がある)の道に入ってください。間違えると迷います。

平成26年4月1日に消費税が増税されましたが、本サイトの料金表示は現在増税前より変更を行っておりません。 明確な料金は、各温泉施設の公式HP等よりご確認下さい。

投稿者: 粉雪 最近の編集者:いねぞ 【編集者履歴】

温泉情報を編集